北海道ボールパーク: HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE、ES CON FIELDの建設工事2022/05/07の様子

北海道ボールパーク: HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE、ES CON FIELDの建設工事2022/05/07の様子

今年のゴールデンウィークも残り2日で終わろうとしていますが、暇だったので北広島に北海道ボールパーク F ビレッジ(HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE、ES CON FIELD)の工事現場を見に行ってきました。5ヶ月ぶりに行ってみたのですが大きく変化は無いように思えますが過去のブログ投稿を見返してみると微妙に変化がわかります。

掲載されている写真をクリック、タップすると大きくなります。

過去の投稿はこちら「建設北海道ボールパークFビレッジ」へ

北広島高校側からのアプローチ

今回は初めて北広島高校側から歩いてぐるりと一周してみました。拡幅工事をしている輪厚川にかかってい橋をわたり広島高校前を通ると北海道ボールパークの南側側面を見ることができます。いつも何という名前の建物(塔)たろうと思っている目印の丸い建物(塔)が目に入ってきます。帰ってきてインターネットで名前を調べましたが分かりませんでした。

今回新しく気づいたのはエスコンフィールド(ES CON FIELD)という文字が確認できました。

2022_05_07_エスコンフィールド_看板
2022_05_07_エスコンフィールド_看板

確か外野のライトスタンド上に11階建ての宿泊施設やサウナ、温泉施設が出来るはずですがまだ鉄骨状態でした。

正面へ

正面になるだろうホームベース側。こちら側はしっかりとした建物のように思います。今まであまり気がつかなかったコンクリート部分も目に着きました。移動式の屋根も作っている最中なのでその上で働いている人が見れないかとズームの効くデジカメを持って行ったところ運よく屋根で作業をしている人を撮影することが出来ました。高所恐怖症の私としてはとても信じられない職業で頭が下がります。

JR千歳線側へ

こちら側に新しい JRの駅ができると思われますが来年の開業には間に合いません。こちら側は若干低くなっているのか建物の全容は反対側に比べて少し見づらいです。建築会社の事務所や作業員達の駐車場もこちら側にあります。同じように歩いている見物人だろう人がなにやら写真を撮っているのでその後で行ってみるとマンホールがファイターズマークになっていました。

建築看板に完成した時のイメージ CG画像がありましたが、どう見ても中田翔選手だろうと思われる選手が描かれていて少し悲しい気持ちになりました。

ずっと不思議に思っていることの一つに敷地内に池のようなものができるはずなのですがどこにできるかまだ想像が付きません。以前からここかなと思っていたところは雨水の貯水池でした。

バックスクリーン裏

ぐるりと回ってバックスクリーン側にくると北広島高校とその向かいに「平和の灯公園」という公園がありました。ここでも大小二種類のマンホールを発見しました。

まとめ

来シーズンからここでプレーする我が北海道日本ハムファイターズ、今年の調子は稀に見る不調ぶりです。ビッグボスこと新庄監督は、今年は勝たなくていいと言っていますがプロ野球は歌やお芝居などの芸能エンターテイメントと違うのでやはり勝ってなんぼの世界だと思います。今年は選手を育てる年と言っていますがちゃんと二軍と言う組織もあるのだから育成は育成で並行してそこでやってもらい、一軍は勝ちにこだわってほしいと思います。ひょっとするとそう言うと私は真のファイターズファンと言えないのかもしれません。今年は弱いファイターズをあまり見たくないのでまだ札幌ドームに応援に行っていない状態です。いろんなプロ野球の楽しみ方があると思いますが勝敗にこだわりプロのプレイを見たい人も多いのではないでしょうか?!、、、と言いながらなんだかんだと気になってしまう我がファイターズです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。