大雪の中でもファイターズ新球場の工事は進みます、日本ハム北海道ボールパーク工事の様子

大雪の中でもファイターズ新球場の工事は進みます、日本ハム北海道ボールパーク工事の様子

ファイターズの近況

 我等はファイターズも毎年行なっている沖縄名護キャンプも終わり無事北海道に帰ってきました。キャンプ中に主だった選手の怪我もなく順調なキャンプだったようです。私も夫婦や家族で2回ほど(2015年、2018年2軍国頭;この年1軍はアメリカアリゾナ州での海外キャンプ)沖縄キャンプに行ったことがあります。毎年北海道からも沖縄キャンプにたくさんのお客さんが視察に入っていますが、今年は新型コロナウィルスの影響で無観客でのちょっと寂しいキャンプだったようです。

写真をクリックすると大きなってまたクリックすると次の写真に移ります。

本日の模様

ファイターズの選手達が帰ってきたそうそうそれまで例年より雪が少なかった札幌ですが本日は、春になる最後の冬の抵抗かのように大雪が降りました。広い北海道札幌は例年並みかちょっと少なめの降雪量ですが、ちょっと離れた岩見沢空知方面では記録的な大雪に見舞われ雪害と言えるほどの影響が出ております。石狩地方に当てはまる北広島はちょうど中間に位置し例年並みの降雪量かと思います。風が強くちょっと吹雪混じりの天候ですがファイターズの新球場「北海道ボールパーク」本日もは着々と工事が進められていました。

徒然

考えてみると札幌ドームでのレギュラーシーズンは今年と来年で終わってしまいます。札幌ではまだ北海道ボールパークの新球場は盛り上がっていませんが、建物がだんだん形になってくるにつれ札幌ドームからの移転が現実味が増して来ますね〜(^o^)

写真をクリックすると大きなってまたクリックすると次の写真に移ります。

おまけ

前回も書きましたがこれから球場だけでなく、ホテルや商業施設にキャンプ(グランピング;Glamping)が出来る施設まで出来るとボールパーク構想発表の時に言っていましたし、北海道日本ハムファイターズのカッコイイ「北海道ボールバーク」のホームページを見ても

Glamping in Summer

夏の北海道を満喫するには、大自然の中でのグランピングがおすすめ。目の前に広がる湖ではカヌーや釣りなどのアクティビティが体験できるほか、浮島にもグランピングテントを用意。テラスでは北海道の食材をBBQでたっぷり堪能。山の斜面を生かして作られたテラスからは球場を望み見て、ビール片手に試合を応援なんてことも。夏の北海道を余すことなく満喫できます。

と書いてありました。これから湖まで作ってしまうというのです。確かに整地当時の現場を見た時には小川までいかない沢みたいなものがありましたがそこをせき止めて、もしくはそこを掘り下げて湖を作るのでしょうか?これから雪も溶けていくのでそのへんの様子にも注目したいと思います。