ぷら~と焼き肉を食べに沖縄に行ってみた。晩御飯編二日目焼肉「大昇」

ぷら~と焼き肉を食べに沖縄に行ってみた。晩御飯編二日目焼肉「大昇」

 実は今回は勤続35年の記念でいただいたお休みを利用して行った旅行でした。勤続30年の時には、日本最北端の稚内で生まれた私としては、日本の最南端にいって見たくてい石垣島から船で波照間島にいきました。今回も当初は日本の最東端(現在公共交通機関で行ける)根室のノサップ岬にはいったことがあるので、今度は日本の最西端与那国島にでも行こうか?「これで、日本全土を制覇だ」それとも有名な星空をみることの出来なかった波照間島のリベンジにいこうか?と検討しました。しかし、検討していた2021年1月時点では、新型コロナの状況が読めず八重山町観光協会に電話で様子を聞いても今は、沖縄県独自の緊急事態宣言中で島と島の行き来を制限しているような状態ですとの情報を聞き躊躇しておりました。そんな状況だったのですが、LCCのPeach航空にも沖縄本島だったら直行便があるのがわかり以前いったことのある美味しかった焼き肉屋さんにでもいこうか~!!と本当にぷら~と行った形の沖縄旅行でした。

お店の基本情報

沖縄の名護市と言えば我がファイターズが毎年春のキャンプをやっている街です。そんなんでファイターズの選手のサインボールも沢山置いてある焼き肉屋さんです。

大昇
沖縄県名護市宮里7-3-35
TEL;098-053-2739
営業時間;18:00-23:00
年中無休

メニュー

メニューに書いてある「今日のために天は牛をつくった。いい肉はいりました。」とか「戦後60年の歴史、日本一の焼肉街元祖大阪鶴橋の炭火焼肉ここにあり!」の文字に焼肉への気合を感じる店です。

実食

まずは、おすすめのメニューから一通り上カルビ、上ロース、特選塩ハラミ、上タン塩と注文!そりから定番のキムチ盛り合わせや塩ホルモン、塩ミノ。ウインナーなども注文!

最後に「特上カルビのにぎりずし1,880円を注文!!

感想

今回の訪問で3回目、奥さんのケイちゃんは4回目だと思いす。変わらずお肉が柔らかくておとても美味し方です。なので普通の焼肉屋さん以上に焼きすぎには十分気をつけました。今回の再発見は「塩ホルモン」最初ミノ!?!(後から、ミノが運ばれてきて解った事実)か?と思って食べていたひだひだ状のホルモンが今までにないホルモンの食感でした。

まとめ

わざわざ北海道からこの焼肉を食べに行ったと行っても過言ではない今回の沖縄旅行。期待通りの美味しさと期待通りの料理に満足でした。でも、ちょっと気になったのがお店の佇ましは最初の来た頃お変わらないのですが、なんだかちょっとオシャレな雰囲気になったようなきがします。具体的に変わったと言えばメニューが綺麗になったとこくらいなのかもしれませんがそう感じました。よくあるすっかり有名店になっちゃっった寂しさでしょうか???大昇味は不滅でした。

今回の「ぷら〜と沖縄に行ってみた」関連サイト

・Peach飛行機とホテル リゾネックス

一日目の夜「海鮮居酒屋 活」で美味しいお刺身

三日目のお昼ご飯は沖縄そば、海産物料理の店 楚辺そば