2021年8月1日に再開した「定山渓ビューホテル」に泊まりに行ってみまた。えびGは水の王国ラグーでも泳ぐ(何処でもバタフライ)!!

2021年8月1日に再開した「定山渓ビューホテル」に泊まりに行ってみまた。えびGは水の王国ラグーでも泳ぐ(何処でもバタフライ)!!

2年に渡るコロナ禍で北海道の中心産業である観光業も多大なる影響を受けています。
そらは突然飛び込んできた
「Karakami HOTELS&RESORTS株式会社(本社:札幌市・代表取締役社長:唐神耶真人)が運営する定山渓ビューホテル(札幌市南区定山渓温泉東2丁目)は、株式会社ベルーナ様と2021年4月9日に売買契約を締結し、2021年5月31日に資産譲渡を予定しております。」というあの定山渓を代表する大ホテルが地元のカラカミ観光さんでなくなるんだ〜、、、と札幌人にしてみらた寂しいニュースに自体の大きさを思い知らされました。

ことの始まり

私達にしてみると定山渓はコロナ禍で海外からのお客さんも少なく空いているし安い宿泊プランなんかもあって、感染対策もしっかりしているしかえって逆に利用しやすくなっています。昨年の秋にもここのブログでもご紹介した老舗の定山渓ホテルに泊まりにいいたりもしました。今回も久振りに定山渓のホテル事情(宿泊プラン等)はどうなっているんだろう???と調べていたら、あの定山渓ビューホテルが8月1日に再開して、しかも定山渓最安値で泊まれるとしり予約をとった次第です。

ホテル

こうやって改めて写メってみても大きなホテルです。新館、本館があって私達の宿泊は安く泊まれる方の本館です。

定山渓ビューホテル_建物
定山渓ビューホテル_建物

基本情報

定山渓ビューホテル
札幌市南区定山渓温泉東2丁目
ご予約・
お問い合わせ
TEL.011-598-3339
(受付時間 10:00~18:00)
FAX.011-598-3222

料金

おとな3名、小学生2名、幼稚園児1名

おとな
7,800円☓3人=23,400円
こども(小学生以上)
5,460円☓2人=10,920円
入館料(小学生未満)
2,750円☓1人=2,750円
入湯税
  150円☓3=450円
合計    37,520円

定山渓ビューホテル_請求書
定山渓ビューホテル_請求書

施設

なってたって定山渓ビューホテルと言えば大きなプール、ジャグジーの水の王国ラグー、PMの2時のチェックインを目指し出発して夕食の始まる6時30分の約一時間程前までみっちりと孫達の遊んできました。

ホテルの入口には、再開のお祝いに届けられて胡蝶蘭の花が一杯並んでました。勿論、感染対策も万全で食事会場入口にはホテルでは初めて見る「クリーンゲート」なるものまでありました。

お部屋からの風景

お部屋から豊平川越しの風景です。秋には紅葉が綺麗なんあろうな〜と思わせる風景です。

夕食

夕食会場に行ってみると結構人が多くちょっとびっくり!(゚∀゚)しました。みんな考えることは一緒なんですね〜

ビュフェの内容は、特段変わったところもありませんでした。よくあるパターンのメニューが並んでいまっしたがお寿司を中心に一通り頂きました。お味の方は当たり前かもしれませんが、不味いものはなく子供達も美味しくいただいていました。

朝食

定山渓ビューホテル_朝食券
定山渓ビューホテル_朝食券

普段はそのなに朝ご飯って食べないのにホテルのお泊りのでは何時の時もいっぱい食べてしまします。特に今回は近年値上がっているイクラが取り放題であったのでご飯に載せて「イクラ丼」にして今年の初物をいただきました。味付けがお醤油ではなく塩イクラでちょっとちょっぱかったかな〜!?!?!

イクラの他にも海の幸コーナーに「サーモン」「いか」「マグロ」のお刺し身もあったので、海鮮丼にして食べてた人も多かったです。

お楽しみ

お楽しみっていうか、お泊りの目的はジャグジー・プールの「水の王国 ラグー」です。他のお客さまの映り込みもあるので携帯電話をもって入らなかってので写真はありません。流れるプールに滑り台で遊び、ジャグジーで休んでめいいっぱい楽しく遊んできました。でも露天風呂スパがやってなかったり、泡風呂ジャグジーの泡が故障ででていないところがあったりと施設の老朽化を感じました。

何処でもバタフライ

「やっちゃえ!えびG」というこのブログですが何をやっちゃうの??って???今年で59歳になるおじいちゃんが年甲斐もなくついついやっちゃうさまざまな事を意味しています。その内の一つが水泳の「バタフライ」です。ついつい水に入っちゃうとやってしまします。

まとめ

コロナ禍でさまざまな産業が窮地にたたされています。同じような温泉ホテルではやっぱりこのブログでも紹介したことのある思支笏湖の「丸駒温泉」の「民事再生手続き 8億円超の負債 営業は継続、雇用も維持」などどいうニュースも飛び込んできました。北海道を代表する施設や企業、老舗のお店には頑張ってほしいものです。