札幌ラーメン白石区菊水の「中華そば カリフォルニア」でチャーシュー肉ワンタンそばを食べる

札幌ラーメン白石区菊水の「中華そば カリフォルニア」でチャーシュー肉ワンタンそばを食べる

仕事中で一番の楽しみはお昼ご飯です。今日のお昼はラーメンを食べに行こうということになり最近激戦区として話題になっている札幌市白石区の菊水にあるラーメン屋さんに行ってみました。

お店の基本情報

例によってスマホでどこがいいかと調べてたら、「カルフォルニア」という響きに確か最近評判のお店だったと記憶があり点数も高かったので行ってみました。

中華そば カリフォルニア
札幌市白石区菊水3条4-4-6 ビバ菊水 1F
TEL;011-598-7773
営業時間
[月〜木]
11:15~15:00(L.O.14:40)
18:00~20:45(L.O.20:30)
[土]
11:15~15:00(L.O.14:50)
[日・祝]
11:15~18:15(L.O.18:00)
定休日;金曜日

ちょっと分かりづらいところにあるのでスマホの経路案内を使うと間違いがないと思います。

BJM;ジャジー 内装オシャレ系、テーブル胡椒に粒胡椒がおいてあるラーメン屋さんは初めてです。

メニュー

メニューは一番安い「真中華そば」680円からとラーメンが800円、900円が当たり前になった今の時代にはリーズナブルな感覚がします。

カリフォルニア_券売機
カリフォルニア_券売機

実食

人気のメニュー「チャーシュー肉ワンタンそは」も全部のせで880円は安いので迷わずそれにすることにしました。普段からラーメンは特別な体調の変化や気分がない限り何時もの塩味を食べています。今日も塩味を意味する(白)にしました。因みに、(黒)が醤油味だそうです。

感想

お店の名前の頭に中華そばと付いているだけあるだけあって、あっさりとしたスープの美味しいお店でした。若干一口目にしょっぱいかなと思う節がありましたが、最近塩ラーメンを食べるとそう思うことが多いので歳のせいかと思います。特にスープの感想としては、あっさりとした塩味や醤油味のスープの高いレベルでのコクや味を目指しているのだと思いますが、まだ完成にあらずと言う印象を受けました。もしこれが当たっているなば、らその目指しているところは、そうとう高いレベルを目指していると思います。麺は以前紹介した岩見沢のそうめん屋さんについで細いラーメンの麺でした。ラーメンの麺で言えば以前に本場博多で食べた博多ラーメン依頼の細さでした。残念だったのは、写真をよく見てもらうとわかるのですが、一部ラーメンの麺が玉になっていました。麺を茹でる前によく揉みほぐさなかったのかなーと思いました。

まとめ

とても混んでいて流行っているお店でした。ジャジーな BGM とお洒落な店内の雰囲気がそう思わせるのか?私流の分類表現で言うと「企画モノ系」のラーメンと言えると思います。「企画モノ系」=良い意味では、店内の内装やメニューに器など工夫を凝らした話題を呼びそうな企画に凝った味もそれなりに凝ったラーメンのことを私は勝手にそう言っています。悪い意味では言うとよく「企画倒れ」などという言葉があるようにいろいろ凝っているが肝心なラーメンの味がともわないという意味の時もあります。今回は前者の方で使わせていただきました。偉そうな表現をしてしまうと今後も期待できそうなお店でした。