小樽祝津漁港へ行いってガヤ(エゾメバル)を釣る

小樽祝津漁港へ行いってガヤ(エゾメバル)を釣る

もうだいぶ前に雪虫も飛んで峠や北海道でも北の地域では雪の便りも聞こえています。そんな初冬とも言える秋終盤の週末ですが、天気が良さそうだったので小樽釣りに行ってきました。

掲載されている写真をクリック、タップすると大きくなります。

現場情報

小樽市内から水族館に向かう途中の祝津漁港に行ってみました。

小樽市祝津漁港

2021_10_24_小樽祝津漁港
2021_10_24_小樽祝津漁港



外海のテトラポットの方でよく釣れました。

2021_10_24_小樽祝津外海
2021_10_24_小樽祝津外海

小樽の港からちょっと離れたところになると海は意外と綺麗です。

ガヤGET

あまり大きいものを期待せずに何か釣れればいいというくらいの気持ちでいったところ小さなガヤ、エゾメバルがたくさん釣れました。

実食

小さいながらもヒレの所に尖ったトゲがあり多少毒があるようなので気をつけながら唐揚げにして美味しく頂きました。写真を撮るのを忘れたのですが実はこんなに小さくてもお刺身でいただいたらとても美味しかったです。

ガヤの唐揚げ
ガヤの唐揚げ

まとめ

もう11月の声を聞くと札幌周辺の平地でも雪の便りが聞かれるようになります。冬囲いをしたい車のタイヤを冬タイヤに替えたり冬の準備もしなければなりません。この頃の北海道の挨拶代わりの言葉はで「今年は雪が多いんでしょうかね??」と毎年絶対降る雪の降雪量の心配をしてしまいます。ここ数年温暖化のせいか雪の量も少ないような気がしますがある程度の量は絶対降ります。北海道人としては雪が積もってしまうと覚悟がつくのですがこの時期は、往生際が悪い北海道人です。この日は小樽も気温が18°ぐらいまで上がり波も穏やかでちょうどいい釣日和でした。また来週は何をして遊ぼうか??考え中です。(*^^*)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。